ドッグフードアレルギー

犬にもアレルギーがあることをご存知でしょうか。
アレルギーとは、対象の物質に対して身体の免疫機能が過剰反応を起こすことによって生じるものです。
これは人間も犬も一緒のメカニズムとなっています。

このサイトでは、犬のアレルギーについて解説をしていきます。

犬のアレルギーはドッグフードで起こることが多いのですが、その中でも最も症状が出やすいとされているのが小麦です。
小麦にはグルテンが多数含まれているのですが、犬には小麦のグルテンを消化するための消化酵素が無いのです。
犬のアレルギーの反応は、皮膚の状態や毛並が悪くなることです。
耳もとや太ももの付け根の他、顔やわきなどに症状が出ます。
頻繁に外耳炎が出るようであれば、食物を含めた何らかのアレルギーを疑ってもいいでしょう。

もし愛犬にアレルギー疑いがあるとなった場合、まずは獣医にきちんと相談し、どのような対策を取ればいいか、アレルギーの種類にはどのようなものがあるかを特定する検査をしてもらうのもがいいでしょう。
食物アレルギーの場合、物質の特定ができた段階でその物質が含まれていない食べ物を選ぶことが大切となります。
元の素材が同じであっても、加工方法が異なる場合には名称が異なる場合もあるため、食べ物はきちんと確認しなければなりません。
愛犬の寿命は人と比べるとどうしてもことのほか短いものです。
愛犬の食べ物をきちんと管理してアレルギーが起こらないようにしてあげましょう。

Copyright © 2014 ドッグフードのアレルギーについて All Rights Reserved.